結婚式を挙げるには多額の費用が必要

結婚式を挙げるとなると多額の資金が必要になります。相場としては250万円から300万円程度が、結婚式を挙げる為に必要となります。一般的には招待客が多い方が、費用負担が大きくなるイメージが有ります。確かに飲食代などは人数に応じて費用負担が増減しますが、結婚式には固定費も発生しますので、招待客が多いほどご祝儀も増えますので、結果的に固定費を安く抑えることが可能となります。もちろん招待客が増えれば、広い式場を使用する必要が出て来るなど様々な負担も発生しますので、見積りを参考にしながら検討することが大切です。

結婚式費用の支払について

結婚式を挙げる為の費用は、新郎新婦が用意出来る資金の他には、両親や親族などからの援助、さらに出席者からのご祝儀などで賄うことになります。結婚式費用の支払は、前払い・当日払い・後払いの3種類があります。当日払いや後払いの場合は、ご祝儀を支払いに充てることが可能です。出席する人数によってある程度のご祝儀を計算することは出来ますが、万が一資金が足りなかった場合のことも想定しておくことが必要です。現金で支払えない場合は、クレジットカードやローンで支払うことを検討することも必要です。

小規模プランで費用負担を抑える

結婚式は出来るだけ多くの人に祝ってもらいたい気持ちもありますが、少人数で結婚式を挙げる選択肢もあります。家族や親しい友人など少人数で結婚式を挙げれば、費用負担を通常の結婚式よりも10分の1程度に抑えることも可能です。アットホームな雰囲気で式を挙げることが出来ますので、小規模ながらも満足感の高い結婚式を行うことが可能です。一生に一度の結婚式ですので、多少無理してでも開催することも良いですが、その後の結婚生活への影響も考慮して小規模な結婚式を挙げることも得策です。

結婚式場を東京で選べば、いろいろな演出をしてくれる結婚式場など条件に合わせた結婚式場を見つけることができます。