質素であることが人気に

結婚式といえば、豪壮にするのが多かったわけです。それこそが、一つの見栄でもあり、ステータスでもあったわけですが、今ではそうではなくなっています。そうした価値観もありますが、今では質素にやることも増えています。それが地味婚であり、これには色々とメリットがあります。簡単にいいますと費用が安く済みます。無駄に費用を投じることをしないで、これからの結婚生活にそれを費やそうとする人が多くなっているわけです。

それは認められるのか

実は昔からそうしたかった、という人は多かったようでそれが普及したのは潜在的にいたからです。どうして昔はできなかったのか、といいますと一種の晴れの舞台であり、それなりに見栄を張ることが義務のようなものであったからです。しかし、今では所得も全体的に減っていますし、未来の展望も右肩上がりとは限らないわけです。その為、結婚をするメインの層である若い人には堅実な思考が根付いています。そこで地味婚が流行したわけです。

それでも親戚は呼びます

地味婚といいますが、それでも親戚は呼びます。友人たちと僅かな親族のみ、というのが基本です。余興もやりますし、結婚式や披露宴と大差ないです。無駄に広々としたところを借りたりしないだけです。余興などは削ってもよいですが、食事に関しては基本的にはまったく費用を惜しまないほうがよいです。これは後々のことを考えても確実にいえます。どうしてもそこでケチケチすると印象が悪くなります。地味なのは、あくまで自分たちの部分だけです。

少人数での結婚式を考えている方は、全館貸し切りのゲストハウスや、レストランウェディングがお勧めです。アットホームな雰囲気でゲストにも喜ばれます。