誰を招待するかを迷う必要がない!

結婚式を挙げる際に、大規模な結婚式は華やかで良さそうですが、誰を招待するかは意外と迷うところです。会社の同僚は招待するのか、友人はどのラインまでの関係ならば招待するのかといった問題はつきものです。招待する人によって、その後の人間関係にヒビが入ることだってあります。しかし、親族だけの結婚式であれば、そのような心配は必要はありません。また、親族しかいないので、気を遣わずに結婚式を進行できます。本来の自分を出すことができる点でも、親族しかいない結婚式は、意外と楽しいものですよ。

結婚式の日取り設定が楽!

大がかりな結婚式は、失敗が許されないプレッシャーもあり、1年ほど前から打ち合わせに入ります。何回もシミュレーションを重ね、2人だけではなく招待客も満足させられるように工夫を凝らす夫婦も多いでしょう。なので、日取りの変更などの融通は利きづらいですし、面倒なことも多いです。しかし、親族しか参加しない結婚式ならば、下準備等も少ないので、親族の都合さえ合えば、いつでも結婚式を挙行できます。万が一都合が悪くなっても、別日を設定して結婚式を開くことも難しくはないので、融通が利きやすいメリットがありますね。

2人の自由に結婚式をプロデュースできる!

結婚式は華やかさが重要だと考える人は多いです。しかし、よく考えてみましょう。結婚式の主役は新郎新婦の2人です。ならば、2人が満足のいく結婚式を自分自身でプロデュースできなければ意味がありません。大人数であれば中々できないことでも、親族だけの小規模な結婚式であれば、予算の余裕も生まれるので、やりたいことにお金を投じられます。また、2人をよく知った親族しか参加していないので、招待客に対して無理に気を遣う必要もありません。親族ならば式の内容を相談することも容易でしょうから、2人の満足のいく結婚式を作り上げやすいんですよ。こう考えると、地味に感じられる親族だけの結婚式も、何だか良さそうな気がしますよね。

大きな結婚式を挙げるのは資金も時間もかかります。そこで結婚式なら親族のみであげようというカップルが増えています。長い付き合いで気の知れた親族だからこそ、丁寧なおもてなしで感謝の気持ちを伝えましょう。