基本的な事を考えていこう

パーティー、と一言で言っても企画によってオフィシャルな形式からパブリックな形式、プライベートな形式と様々なスタイルに分かれます。そのどの形式にも当てはまる事はしっかり計画を持って実行に移す事が大切という事です。その為には企画をしっかり立てる事が重要となります。テーマを何にするのか、開催趣旨や目的を明確にしておきましょう。また、人数が多くなればなるほど不測の事態が起こる確率が上がります。幹事はなるべく複数で行うと良いでしょう。

周りの方々の生活環境に合わせて開催日を決めていこう

プライベート形式でのパーティーでは基本的に土日で開催される事が多いですが、ビジネスやオフィシャル形式のパーティーではウィークデーが好ましいでしょう。開催する日時は会場がその日程でしか予約が取れない、という以外では周りの方々の生活環境に合わせて開催するようにしましょう。特に連休前後に開催予定されると、連休に出掛けられる方が多いので参加したくても参加出来ない、という方が増えてしまいます。また、お日柄で決める場合は早めに日程を確認して会場をおさえておきましょう。

パーティー全体の費用を計算していこう

パーティーを開催するにあたって、必ず費用が必要になります。会費制となる場合、全額をその会費で賄うのではなく、五割程度を主催側が負担すると考えておくと良いでしょう。必要経費では主に会場費、招待状作成費、飲食、照明や音響、余興、お土産、その他の雑費などがあります。大まかに計算するのではなく、細かく計算していく事が重要ですので、担当の方を付けて行うと良いでしょう。全体の費用がまとまる事で自然と会費を幾らにすれば良いのか、という事も判断できるようになります。

アクセスが便利な福岡のパーティー会場は、利用用途が幅広いです。特に結婚式の二次会や、各種懇親会で利用するのが一般的です。